冷やすもしくは温める

冷やすべきか温めるべきかを見極める

腰痛時には、冷やすもしくは温めるという方法がとても有効で、実施することにより短時間で回復することも多いです。
しかしながら、冷やすのか、温めるのか、どちらを選ぶかというのが難しく、しっかりと見極めることが大事となってきます。
なぜならば、反対の方を選んでしまいますと、かえって症状が悪化してしまうこともあるからです。

基本的に、急に突然痛くなる、急性の腰痛の場合には、冷やす方が向いています。
急性の腰痛ですと、炎症をおこしていることがほとんどですので、炎症を鎮める意味でも冷やすのが有効でしょう。
逆に、慢性的な腰痛のときには、血流をよくしてあげるのが大事になりますので、温めるのが有効になります。
自分の腰痛の痛みがどちらのタイプであるかを見極めてみましょう。

温める方法、冷やす方法

急な腰痛のときには冷やすのがベターですが、この時に使えるのが保冷剤です。
保冷剤をタオルなどに包み、痛みがある部分にそっとあててみてください。
また、保冷剤が手元にない場合には、タオルを水で濡らして絞るだけでも、簡単に冷やすことが可能です。
冷たい湿布なども薬局に売っていますので、利用してみるとよいでしょう。

逆に、腰を温めたい場合には、ホッカイロなどを使用してみるといいです。
また、水で濡らしたタオルをラップで包み、電子レンジで数秒ほど温めると簡単に蒸しタオルをつくることができます。
温める際には、やけどをしないように、温度を十分に確かめてください。
ご家庭にあるもので、簡単に腰を温めることができますので、活用してみましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る